本文へ移動

苦情解決報告書

苦情相談について
平成30年11月19日受付の苦情申込について、次のとおり対応しましたので報告いたします。
苦情の内容
年中組園児が園庭で雲梯遊びをしていて落ち、頭部、背中をうつけがをしたが、保護者はその措置対応にあたった園長担任保育士から保護者の方で医療機関へ連れて行ってもらいたいという旨の連絡を受け、保護者自ら診察に連れていくこととなった。         
園内の事故であるので、保育園で責任をもって救急車の手配または医療機関へ受診するよう対応すべきでないか。初期対応、事故認識が十分でなく不安である。                           今後事故があった場合迅速に判断し、対応できるようマニュアルを策定し、職員に徹底され、情報を共有し子どもたちを安全に保育してほしい。                                   対応結果                                              今回の事故については、保育園として責任をもって対応しなければならないところ、受診を保護者の方へまかせてしまい、またけがについても引き続き治療を要する事態をなり、誠に申し訳ございませんでした。                         今後、保護者の方が安心して子どもさんを預けられよう、マニュアルに基づき事故防止に努めるとともに、日頃から事故の重大性を認識し、的確な事故対応を責任をもって行うよう努めてまいります。三園職員で定期的に会議、研修を行い、情報を共有し、事故予防対策に取り組んでいくこととします。              また関係機関と十分な連携をとりながら、安全、安心な保育所運営保育に努めていきます。                                    
TOPへ戻る